コンピューターの故障

コンピューターのフリーズ

トップ / コンピューターのフリーズ

予期せぬコンピュータートラブル

コンピューターを使用中に突然画面がフリーズしてしまったなんていう経験をした人も多いでしょう。こんな時に一番困るのが、普段からトラブルや使い方をインターネット上の情報を頼りにしている場合です。コンピューターが使えないわけですから、その情報を見る事もできません。最近ではスマートフォンやタブレットなどの普及でそれらを使ってアクセスして見る事も可能ですが。できれば、トラブル解決などの本をデスクの片隅に置いておくのも良いでしょう。また、うまく復旧できなかった事を想定して、日頃のコンピューター内のバックアップについても対策を考えておいた方が良いでしょう。

フリーズという現象とは

コンピューターを使っていると、突然、ディスプレイ画面が固まってしまって、動かなくなってしまうことがあります。これがフリーズと呼ばれている現象で、これが発生すると画面が真っ青になってしまう場合もあり、この場合には「ブルースクリーン」と呼ばれています。これは単にディスプレイ画面の表示が固まったわけではなく、コンピューターの処理自体が停止してしまった、という障害発生の状態なのです。より正確に言えば、ハードウェアが障害を起したのではなく、ハードウェアを管理している基本ソフトウェアであるOSが障害を起した場合に発生するもので、こうした際には、コンピューターをリセットして立ち上げ直せば正常に復帰する、という場合がほとんどです。

コンピューターソフト情報

© Copyright コンピューターソフト. All rights reserved.